MEMBER

ゆう:スタイリスト

ゆう 29歳
オペレーションチーム / スタイリスト
畿央大学教育学部卒、在学中に教員免許取得。
特別支援学校の教員として3年間勤務。その後、好きなアパレルを仕事にするためにアパレル販売員に転職。新人の教育担当やストック管理・運用ルール策定や店舗のレイアウトなどを経験。キーザンキーザンへはスカウトで入社。現在はスタイリスト業務とチームのマネージメント、業務改善など運営全般を担当。プライベートではカジカジヘア、ホットペッパーなどカットモデルとしても活動している。

サービスをより良くする事に、
なんでもチャレンジしていきたい。

スタイリストとして、オペレーションチームのかなめとして、キーザンキーザンをひっぱるゆうさんにお話をうかがってみたいと思います。

ゆうさんはスタイリストですが、運営チームのマネジメントもされていると聞きました。普段どのような仕事をしてるのか簡単に教えてもらってもいいですか?

そうですね、私はスタイリストと、マネージャーとして他のスタイリストやオペレーションスタッフをまとめる仕事をしています。

スタイリストの仕事は具体的に言うと「コーディネート作成」「LINE相談対応」などお客様に直接関わることです。マネージャーとしての仕事は「シフトの作成」「オペレーションスタッフの仕事の割り振り」など多岐にわたっていて、現場を安定的にまわすために、必要なことを見極めて調整することです。

あとは働く人が作業しやすいように、やり方を改善したり、配置を変えたり、ルールを変えたり、日々改善を進めています。

チームのマネジメントで大事にしてることは何ですか?

何より大事してるのは「みんなが働きやすく、楽しく仕事が出来るようにすること」ですね。
もうちょっと具体的に言うと場の雰囲気をよくする工夫をしたり、上下関係なく誰でも意見が言いやすいようにしています。

あと、強く意識してる点は現場の事は現場のみんなで決定して進めていくことです。誰かの意見だけが通るといったことのないように考えています。
けどやっぱり一番大事にしてるのは「楽しく働いてもらう」ですね。

ゆうさんの楽しく仕事するとはどういう事ですか?

楽しい=楽(らく)とか、いつも雑談してて遊びみたい、とかそういう意味で言ってるわけではないです。
そうですね〜。説明するのが難しいのですが、まず言いたいのは「やるべきことはちゃんとやる、仕事はちゃんとやる」って言うのは大前提です。それは私も目を光らせてます(笑)

けど、やることをやっていれば、雰囲気良く、笑い合いながらやりたいと思っています。
メリハリが本当に大事だなと感じています。

それを考えるとゆうさんはどんな人に来て欲しいor欲しくないと思いますか?

さっきお話したメリハリがある人ならスキル、経験がなくても大歓迎です。逆に、自分だけ楽したい人や何かを依頼してもNOばかりで返す人はうちとは合わないと思いますね〜。

そういった場を作るためにゆうさんが重視・意識してることは?

見てないようで、みんなのことめちゃくちゃ見てます(笑)
仕事で困っていないか、何か問題が起こってないかなどはものすごく目を光らせてます。

あとは、みんなに「お客様に直接関わる重要な部分の業務をやってるんだよ」と言う意識を持ってもらうことをものすごく大切にしてます。意識を持ってもらうことで業務の中でも気をつけて進めないといけないところや丁寧にやらないといけないところなどを、皆自身に意識してもららいたいなと思っています。

私が事あるごとにああしろ、こうしろと言ったり、ミスしないか見張ってるような職場だと私が思う楽しい職場にはならないので、、、

なので、毎日今日の業務で問題や困ったことはあったかを最後に聞いたり、ミスや問題があったら、誰が悪いとかではなく、意識してほしい情報としてチームのみんなにすぐに共有するようにしています。
こういったことを、コツコツやり続けることが大事だと思って毎日仕事をしています。

キーザンキーザンでの仕事のやりがいはなんですか?

とにかく今までで一番楽しいです!
苦手なこともいつの間にか出来るようになっています。それは会社がサポートしてくれたり、そういうステップを用意してくれていたからなんですよね。あとは上の人がちゃんと評価してくれることです。

いつの間にか出来るようになったのはどんな事ですか?

「人前で話す」のが苦手だったので会議に参加するのも苦手でした。ましてや会議の進行役などは絶対嫌だったのに、いつの間にかめっちゃ会議の進行をしています(笑)

あとは、「決める事」や「考える事」もそうですね。今までは人に言われたことをこなすのが好きでしたし、そういう仕事の仕方をしてきました。
けど段々と業務を「こう良くしたい」と思うようになって、それを叶えるためには自分で考えないといけないし、自分が決めないと進まない。良くしたいと思うことをやっていたら気づいたら出来るようになっていたって感じですね(笑)

もう1つ大きいのが「こう良くしたい」と思ってることは基本的にやらせてくれる会社というところです。周囲のメンバーも「やってみよう!」と賛同して一緒にやってくれる環境なので、本当にやりがいがあります。

こういった環境のおかげで、オペレーションチームの中でも、皆のスキルが上がってきたり、取り組む姿勢が変わったり、成長していく人が多くて、それもすごくやりがいになってます。

いろいろ決めさせてくれる会社だとの事ですが、社長に対して遠慮なくなんでも言えますか?

全然言えます!!!
ってあまりにも遠慮がないのもあれですよね(笑)
やっぱり【ほとんど】遠慮はないって言い方にしときます(笑)

本当にもうちょっと気遣わないとって思っちゃうぐらい何でも言えちゃう環境ですね。

今後挑戦して行きたいことを教えて下さい

そういう質問めちゃ苦手なんですよね〜(笑)

そんな難しく考えずに言うと、とにかくサービスをもっと良くしたいです。

つい先日leeapの初期からの会員様が停止されたんですね。LINEでよくご相談もいただき、とても関係性が強い方だったので、その理由をおうかがいできたのですが「会員が増えての改善だとは思いますが、その改善が自分にとっては良くない」とのことでした。その改善施策があってたか間違ってたかはなんとも言えませんが、私はやっぱり純粋にleeapをご利用になられた会員様に喜んでいただきたいと思ってるのでショックでした。

なので、ただ会員様を増やすだけではなく、何よりも「お客様に喜んでいただけるサービス」にするために必要な事になんでもチャレンジしていきたいと思っています。

;