リクルート|スタイリストインタビュー(コハル)

わたしたちの仲間”コハル”を紹介します。

リクルート|インタビュー「コハル」

自己紹介

学生時代は運動部でずっと筋トレしていました(笑)そのおかげで今でも習慣としてストレッチと筋トレが欠かせません。

コハル|自己紹介

入社前はアパレルで販売員として勤務していました。アパレル店で販売員として働く中で、自社製品とか関係なくお客様に1番合うアイテムをおすすめしたいという想いが強まりブランドにしばられない働き方を探しました。そこでキーザンキーザンの求人サイトを見つけ、すぐに応募しました。現在はスタイリストとして、お客様とやりとりしながらコーデを提案したり、仕入れや運営業務に携わっています。

リクルート|インタビュー「コハル」

あなたが感じる仕事のやりがい、面白みについて

仕事のやりがいは、お客様に提案したコーデを気に入ってもらえた時ですね。旅行に行くときのコーデの依頼で、観光するから動きやすいパンツがいいかなとかちょっと遠出するからこそ着られるような色とか考えて作ったものを、「服が場所にもすごくマッチしていて、旅行がより楽しく感じました!自信をもって写真に写ることができました!」と言われたとき、うれしかったです。

コハル|仕事のやりがい、面白み

面白味はお客様と距離が近いのでいろんなお話ができるところです。こないだは、おすすめのダイエット方法についてお話ししました(笑)ファッションの事だけでなく、お客様のご趣味の話などもすることで、パートナーとして信頼していただけると、うれしいですね!

リクルート|インタビュー「コハル」

今後の個人としての目標。その後に今後キーザンキーザンに入社を考えている方に向けて、メッセージをおねがいします。

個人の目標は、いかにお客様にベストな提案ができるか、スムーズな会話の流れにできるか、スタイリストが楽しく働ける環境を作れるかです。お客様のため、会社のため、自分のためにも今後も社長に対してもどんどん意見していくつもりです!!

コハル|今後の目標とメッセージ

キーザンキーザンは自主性を大切にしていて、自分からどんどん動けばその分まかせてもらえるし、成長する機会を与えてくれます。受け身ではなく、攻めの姿勢で働きたい人や自分自身の成長と仕事をつなげたい人はぜひ一緒に働きましょう!!

Copyright 2017 kiizan kiizan